Monthly Archives: October 2010

Citizen Kane (市民ケーン) ポスター

監督 オーソン・ウェルズ 製作 オーソン・ウェルズ 脚本 ハーマン・J・マンキウィッツ オーソン・ウェルズ 出演者 オーソン・ウェルズ ジョセフ・コットン ドロシー・カミンゴア 音楽 バーナード・ハーマン 撮影 グレッグ・トーランド 編集 ロバート・ワイズ ストーリー 暗く荒廃した大邸宅ザナドゥの主、かつての新聞王ケーンが「バラのつぼみ」という謎の言葉を残して死んだ。彼の生涯をまとめたニュース映画の製作が進行していたが、経営者ロールストンはその出来に不満だった。ロールストンはケーンの最後の言葉の謎に焦点を絞るよう指示、編集者のトンプソンはケーンに近かった人間を歴訪する。二人目の妻で歌手のスーザン、後見人の銀行家サッチャー、ケーンの新聞「インクワイラー」の参謀だったバーンステイン、ケーンの絶縁した親友リーランド、大邸宅の執事の五人である。 トンプソンはまず銀行家サッチャーの回想録を調べる。ケーンは幼少の頃に戸外で雪だるまを作って遊んでいたところ、突如として大金持ちとなった。宿屋を経営する両親が、宿泊客から料金の抵当として金鉱の権利書を手に入れたためである。ケーンの母親は、彼の教育と財産の管理のためケーンを田舎から離す事に決めた。ケーンは後見人となったサッチャーに連れられてニューヨークに移った。 青年ケーンは、友人のバーンステインとリーランドと共に新聞経営に乗り出す。センセーショナリズムによってケーンの新聞は売上を伸ばすが、友人たちは彼の遣り口を批判する。しかしケーンは批判に耳を貸さず、大統領の姪と結婚しさらに上の権力を求めた。ケーンの政界進出の準備は着々と進むが、それと同時に妻との関係は疎遠になっていく。そんなケーンは或る日歌手志望の娘スーザンと出会い、彼女と関係を持つ。 圧勝を予想された知事選挙の前日、スーザンの存在を対抗馬にすっぱ抜かれたケーンは落選し、妻も彼の元を去った。ケーンはスーザンと再婚し、彼女のために巨大なオペラ劇場を建設する。彼はスーザン主演のオペラについて自分の新聞で大々的に宣伝したが、他社の不評は覆うべくもなかった。スーザンはそれを気に病み、ついには自殺未遂をしてしまう。回復したスーザンは大邸宅に幽閉されたが、やがて自己中心的なケーンから離れていく。そして死の間際最もケーンの近くにいた執事にも、「バラのつぼみ」の意味は分からなかった。 関係者たちとのインタビューによってケーンの生涯を辿ってきたトンプソンだが、結局「バラのつぼみ」の謎を解けないままザナドゥを立ち去る。ケーンの死後に整理されて燃やされる遺品の中、「バラのつぼみ」という文字が刻まれた橇(ソリ)があった。それは少年時代のケーンが雪山で遊んだものだった。Directed by Orson Welles Produced by Orson Welles Written by Herman J. Mankiewicz Orson Welles Starring Orson Welles Joseph Cotten Dorothy Comingore Everett Sloane Ray Collins George Coulouris Agnes Moorehead Paul Stewart Ruth [...]
Posted in 1940年代, アメリカ, オーソン・ウェルズ | Tagged , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Ashes of Time (楽園の瑕) ポスター

監督 ウォン・カーウァイ 製作総指揮 ジェフ・ラウ 製作 ツァイ・ムホー 脚本 ウォン・カーウァイ 出演者 レスリー・チャン レオン・カーフェイ トニー・レオン ジャッキー・チュン カリーナ・ラウ ブリジット・リン チャーリー・ヤン マギー・チャン スー・ピンラン 音楽 フランキー・チェン ローエル・A・ガルシア 撮影 クリストファー・ドイル 編集 パトリック・タム あらすじ 砂漠の宿屋。“西毒”こと欧陽峰(レスリー・チャン)は殺し屋の元締め稼業を営んでいた。彼は白駝山に生まれ、早くに両親を亡くし、兄に育てられた。彼は高名な剣士となる野望のため、恋人(マギー・チャン)を捨て、残された彼女は兄と結婚した。毎年春、親友の“東邪”こと黄薬師(レオン・カーフェイ)が訪ねて酒を飲んでいく。恋多き彼は男装の剣士・慕容燕(ブリジット・リン)に愛されながらも彼女を捨てた。妹の媛(ブリジット・リン=二役)なる存在になりすまし、二重人格者になるまで思いつめた彼女は、数年後、独狐求敗という謎の女剣士として生まれ変わった。妻・桃花(カリーナ・ラウ)を薬師に奪われた親友の剣士(トニー・レオン)は、失明の病に冒されながら馬賊と戦い死んだ。その代役で馬賊退治をした洪七(ジャッキー・チャン)という裸足の剣士は、敵討ちの請負人を探して宿の前に佇み続ける狐女(チャーリー・ヤン)に思いを寄せ、彼女の仇討ちで傷つき、癒えると妻(バイ・リー)と北へ向かった。3年後。彼は蛮族の首領“北夷”となり、後年、大雪山で陽峰と対決し、両者絶命した_立春後。今年はなぜか薬師が来ない。そこへ白駝山から一通の手紙が届く。兄嫁は2年前に病していたのだ。薬師が陽峰を毎年訪れたのは、彼女に会うための口実だった。6年後。薬師は桃花鳥に隠居。自ら鳥主と称し、“東邪”とも呼ばれた。間もなく陽峰は砂漠を後にした。翌年、彼は白駝山に戻るのだった。 Directed by Wong Kar-wai Produced by Wong Kar-wai Jeffrey Lau Jacky Pang Written by Louis Cha (original story) Wong Kar-wai Starring Leslie Cheung Brigitte Lin Maggie Cheung Tony [...]
Posted in 1990年代, ウォン・カーウァイ, 中国 | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Funeral Parade of Roses (薔薇の葬列) ポスター

It is a loose adaptation of Oedipus Rex set in the underground gay counterculture of 60s Tokyo. Directed by Toshio Matsumoto Produced by Mitsuru Kudo Keiko Machida Written by Toshio Matsumoto Starring Peter Osamu Ogasawara Yoshio Tsuchiya Emiko Azuma Music by Joji Yuasa Cinematography Tatsuo Suzuki Editing by Toshie Iwasa 作品概要 新宿のゲイバー 「ジュネ」の看板少年であるエディは、経営者の権田と親密な関係にある。それを知った店のママ、レダは嫉妬の炎を燃やし、エディを傷つけようとするが失敗。店も権田も独占したエディは、ある事をきっかけに自らの宿命を悟る。 監督 松本俊夫 [...]
Posted in 1960年代, 日本, 松本俊夫 | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Before Night Falls (夜になるまえに) ポスター

監督 ジュリアン・シュナーベル 製作総指揮 ジュリアン・シュナーベル 製作 ジョン・キリク 脚本 ジュリアン・シュナーベル カニンガム・オキーフ ラサロ・ゴメス・カリレス 音楽 カーター・バーウェル 撮影 ハヴィエル・ペレス・グロベ ギレルモ・ロサス 編集 マイケル・ベレンバウム キャスト ハビエル・バルデム : レイナルド・アレナス(日本語吹替:原康義) オリヴィエ・マルティネス : ラサロ・コメス・カリレス(日本語吹替:咲野俊介) アンドレア・ディ・ステファノ : ペペ・マラス(日本語吹替:家中宏) ジョニー・デップ : ビクトル中尉/ボンボン(2役)(日本語吹替:平田広明) ショーン・ペン : クコ・サンチェス(日本語吹替:宗矢樹頼) マイケル・ウィンコット : エベルト・ソリーシャ・オチョア(日本語吹替:小島敏彦) エクトール・バベンコ : ヒルヒリオ・ヒニェーラ ナジャ・ニンリ : フイナ・コレア オラッツ・ロベス・ガルメンディア : レイナルドの母 ヴィトマリア・シュナーベル : 10代のレイナルド 『夜になるまえに』(Antes Que Anochezca、英:Before Night Falls)は、キューバ出身の作家・詩人、レイナルド・アレナスの自伝である。 カストロ政権下で、作家であり、またホモセクシュアルであるために迫害されたレイナルド・アレナスは、1980年にアメリカに亡命するが、その後エイズが発病してしまう。自身の壮絶な一生を描く自伝。 Directed [...]
Posted in 2000年代, アメリカ, ジュリアン・シュナーベル | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Alpha and Omega (アルファ&オメガ) ポスター

監督 アンソニー・ベル ベン・グルック 脚本/原案 クリス・デンク スティーヴ・ムーア 出演 ジャスティン・ロング ヘイデン・パネッティーア デニス・ホッパー ダニー・グローヴァー ラリー・ミラー エリック・プライス ヴィッキー・ルイス クリス・カーマック ケヴィン・サスマン ブライアン・ドノヴァン クリスティーナ・リッチ 制作 ノア・フォーゲルソン Ken Katsumoto A.K. Madhavan スティーヴ・ムーア マイケル・パサーネク Seemha Ramanna リチャード・リッチ ティモシー・ジョンホ 音楽 クリス・P・ベーコン 編集 スコット・アンダーソン キャスティング Bernie Van De Yacht 視覚効果 ミシェル・ジェイコブズ 謝辞 デニス・ホッパー ここ、カナダの森には、互いに対立する2つの狼のグループがあった。アルファとオメガの2つの部族だ。 アルファ族きっての美形メス狼、ケイト(ヘイデン・パネッティーア)は、オメガ側の代表であるオス狼、ガース(クリス・カーマック)とはいいなずけ同士である。本来仲の悪い両者だが、昨今のエサ不足を踏まえて、この2人をツガイとして全体を統治させようと、双方の長老同士、ウィンストン(ダニー・グローヴァー)とトニー(デニス・ホッパー)が話し合って決めていたのだ。 しかし、事態は予定通りには進まない、オメガ族側の下っぱ狼ハンフリー(ジャスティン・ロング)は、どう見ても自分には相応しくないケイトに、強い好意を抱いていたのだ。それだけでなく、彼とケイトが一緒にいる所を、偶然、人間のハンターが見つけてしまう。 ハンターが放ったのは麻酔銃。眠らされて捕まえられた2匹は、なんと国境を越えて合衆国はアイダホ州の森に連れて行かれてしまう。人間達は、ここで狼を繁殖させようと思っているらしい。その最初のツガイが、ハンフリーとケイトという事なのだ。 同じ頃、いいなずけが行方不明になったガースの前にも、下っ端階級のメス狼、リリー(クリスティーナ・リッチ)が現れた。一方、アイダホを脱出して、自分らの故郷へ帰るという、ケイトの強い意志によって、北へ向かって冒険旅行にでていた、ハンフリー達は、途中、獰猛なグリズリー・ベアなどに遭遇したり、ゴルフ狂のガチョウ、マーセル(ラリー・ミラー)などの助けを借りつつ、故郷を目指していた。ともに困難に立ち向かう2匹は、徐々に打ち解け、互いへの理解を深めてもいるようだ。 しかし、遠い故郷への道は険しい。アルファとオメガにとっても、食料事情は深刻化していくばかり、双方の統治は実現するのだろうか?、いや、それ以上に、ハンフリーとケイトの間のロマンスは、有り得るのだろうか? Directed by Ben Gluck Anthony Bell [...]
Posted in 2010年代, アメリカ, アンソニー・ベル, ベン・グルック | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Knight and Day (ナイト&ディ) ポスター

監督 ジェームズ・マンゴールド 製作総指揮 アーノン・ミルチャン E・ベネット・ウォルシュ 製作 キャシー・コンラッド トッド・ガーナー スティーヴ・ピンク ジョー・ロス 脚本 パトリック・オニール 音楽 ジョン・パウエル 撮影 フェドン・パパマイケル 編集 マイケル・マカスカー クインシー・Z・ガンダーソン キャスト 役名 – 俳優(日本語吹き替え) ロイ・ミラー – トム・クルーズ(吹替:森川智之) ジューン・ヘイヴンス – キャメロン・ディアス(吹替:水町レイコ) フィッツジェラルド – ピーター・サースガード(吹替:二又一成) ジョージ長官 – ヴィオラ・デイヴィス アントニオ – ジョルディ・モリャ(吹替:中村秀利) サイモン・フェック – ポール・ダノ(吹替:平川大輔) エイプリル・ヘイヴンス – マギー・グレイス フランク・ジェンキンス – デイル・ダイ(吹替:藤本譲) ロドニー – マーク・ブルカス ストーリー 田舎から出てきたジューン・ヘブンスが空港でロイ・ミラーという男とぶつかって知り合い、その後、同じ飛行機に搭乗する。だが飛行中、ミラーは突如、乗客・乗務員を次々と倒し始め、そして終いにはパイロットを射殺してしまう。 そして今、二人を巻き込む壮絶な逃亡劇が始まった。 Directed by [...]
Posted in 2010年代, アメリカ, ジェームズ・マンゴールド | Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Paranoid Park (パラノイドパーク) ポスター

監督・脚本 : ガス・ヴァン・サント 原作 : ブレイク・ネルソン 出演 : ゲイブ・ネヴァンス 、 テイラー・モンセン 、 ジェイク・ミラー 、 ダン・リウ 16歳の少年アレックスは始めたばかりのスケボーに夢中。その日も、スケボー少年の聖地・パラノイドパークに向かった。しかし頭をよぎるのは家族の事や彼女のジェニファーの事ばかり。不良グループに声をかけられたアレックスは、スリルを味わうために貨物列車の飛び乗りに参加する。その時、ふとした偶然から鉄道警備員を死なせてしまう。不安に駆られながらも、何事もなかったかのように日常生活を送るアレックスだったが…。 Directed by Gus Van Sant Produced by Charles Gilbert Neil Kopp Written by Gus Van Sant Blake Nelson (Novel) Starring Gabe Nevins Jake Miller Taylor Momsen Scott Patrick Green Cinematography Christopher Doyle Rain Kathy Li Editing by Gus Van [...]
Posted in 2000年代, アメリカ, ガス・ヴァン・サント | Tagged , , , , , , , , , | Leave a comment

Beverly Hills Chihuahua (ビバリーヒルズ・チワワ) ポスター

監督 ラージャ・ゴスネル 製作総指揮 スティーヴ・ニコライデス 製作 デヴィッド・ホバーマン ジョン・ジェイコブズ トッド・リバーマン 脚本 アナリサ・ラビアンコ ジェフ・ブシェル 出演者 パイパー・ペラーボ ドリュー・バリモア 音楽 ヘイター・ペレイラ 撮影 フィル・メヒュー 編集 サブリナ・プリスコ ストーリー クロエは、ビバリーヒルズの大豪邸に住む白いセレブチワワ。高価なブランドファッションに身を包み贅沢三昧の彼女は、造園家サムの愛犬でチワワのミックス・陽気な元野良犬パピの求愛には見向きもしない。 化粧品会社のオーナーである飼い主ヴィヴが出張する間、クロエの世話を任された姪のレイチェルはメキシコ旅行にクロエを連れていくが、クロエをホテルに残して遊びにいってしまう。怒ったクロエはホテルを抜け出すが、犬窃盗団に闘犬場へ連れ去られてしまった! 違法なドッグ・ファイトを営む犯罪者バスケスは、クロエが多額の身代金が取れる金持ちの犬だと見破る。バスケス所有のドーベルマンのディアブロに狙われて絶体絶命の彼女を救ったのは、どこか影のあるジャーマン・シェパードの元警察犬、デルガド。彼の助けを得て他の犬たちと共に闘犬場を脱出したクロエだったが、泥だらけのボロボロの姿になった彼女は、なじみのホテルからも追い出されて野宿する羽目に……。世話が焼けるクロエをうるさがりながらも、小さな彼女を放っておけないデルガドに守られて、遠いビバリーヒルズを目指すクロエの旅が始まる。 その頃、パピはレイチェルやサムと一緒にいなくなったクロエの必死の捜索を続けていた。プライドが高く世間知らずのクロエは、見知らぬメキシコの土地で生き抜いていけるのか? そして、パピはクロエと再び出会えるのか? Directed by Raja Gosnell Produced by David Hoberman Todd Lieberman John Jacobs Ricardo Del Rio Written by Screenplay Analisa LaBianco Jeffrey Bushell Story Jeffrey Bushell Starring Piper Perabo Manolo Cardona Jamie [...]
Posted in 2000年代, アメリカ, ラージャ・ゴスネル | Tagged , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Contempt (軽蔑) ポスター

監督 ジャン=リュック・ゴダール 製作総指揮 ジョルジュ・ド・ボールガール カルロ・ポンティ ジョゼフ・E・レヴィーン 製作 ローマ・パリ・フィルム レ・フィルム・コンコルディア コンパニア・チネマトグラフィカ・カンピオン 脚本 ジャン=リュック・ゴダール 原作 アルベルト・モラヴィア 出演者 ブリジット・バルドー ミシェル・ピコリ ジャック・パランス ジョルジア・モル フリッツ・ラング 音楽 ジョルジュ・ドルリュー ピエロ・ピッチオーニ イタリア・スペイン版 撮影監督 ラウール・クタール 編集 アニエス・ギュモ 概要 ナポリ湾とカプリ島 ゴダールの長篇劇映画第6作である。アルベルト・モラヴィアの同名小説を原作に、当時、2年前に結婚したばかりの妻アンナ・カリーナとの愛の問題に苦悩したゴダールが、自己を投影し、愛の不可能性を描いた[1]。当時の日本同様、斜陽化著しいヨーロッパの映画産業での映画づくりを描き、ハリウッド一辺倒の世界への不安も描かれている[1]。ドイツのサイレント映画の巨匠で、戦後アメリカのB級映画作家となったフリッツ・ラングが本人役で出演し、愛の問題にも映画産業の問題にも的確な言説を吐いている[1]。 本作は、1963年(昭和38年)4月 – 同年5月、イタリア南部・カンパニア州ナポリ県にあるカプリ島、およびラツィオ州にあるローマ市内のイタリア国立撮影所チネチッタでロケーション撮影が行われた。 アメリカ人プロデューサーとの撮影が頓挫するフリッツ・ラングは、劇中で映画『オデュッセイア』を撮ろうとしているが、現実世界のラングは、1960年の『怪人マブゼ博士』以降の監督作はなく、同作が遺作になっている。ゴダールがラングの助監督として本作に登場している。 本作は、フランスより先にイタリアで公開されたが、イタリア版では、ジョルジュ・ドルリューの音楽が、ピエロ・ピッチオーニの軽快なジャズに差し替えられて公開された。 Directed by Jean-Luc Godard Produced by Carlo Ponti Georges de Beauregard Joseph E. Levine Written by Alberto Moravia (novel) [...]
Posted in 1960年代, ジャン=リュック・ゴダール, フランス | Tagged , , , , , , , , , , , | Leave a comment

Outrage (アウトレイジ) ポスター

監督 北野武 製作総指揮 北野武 製作 森昌行 吉田喜多男 脚本 北野武 出演者 ビートたけし 椎名桔平 加瀬亮 三浦友和 國村隼 杉本哲太 塚本高史 中野英雄 石橋蓮司 小日向文世 北村総一郎 音楽 鈴木慶一 撮影 柳島克己 編集 北野武 太田義則 あらすじ 関東の巨大暴力団・山王会本家・若頭の加藤は、傘下の池元組が村瀬組と兄弟盃を交わして親密になっている事を快く思っていなかった。そこで加藤はこの2つの組を仲違いさせようと企て、池元に対して「村瀬を締めろ」と無理な命令をする。しかし命令を受けた池元は村瀬と兄弟分であるため自分からは手が出せない。これに困った池元は結局、配下の大友組に命令して村瀬組を締めさせる事に成功した。だが後に、この件が元で池元組と大友組の親子闘争が勃発し、やがては山王会本家をも巻き込む壮絶な下剋上の権力闘争へと発展する。その過程の中で大友組は一人また一人と殺されながら徐々に壊滅して行き・・・ Directed by Takeshi Kitano Produced by Masayuki Mori Takio Yoshida Written by Takeshi Kitano Starring Takeshi Kitano Music by Keiichi Suzuki Cinematography Katsumi Yanagijima Editing [...]
Posted in 2010年代, 北野武, 日本 | Tagged , , , , , , , , , , , , | Leave a comment