意思を持って生きる勇気

January 26, 2010
By admin

安定なんて迷信です。
そんなものは自然界には存在しません、そして、人間社会にも。
目の前の危険を避けることは長い目で見ると危険を大きくしているだけなのです。
人生とは未知に挑戦するか、逃げ出して棒に振るかのどちらかなのです。
迫り来る変化から目をそらさず自由な心を持って立ち向かうのです。
その過程によってのみ、あなたは非情な運命にも押し潰されない力を持つ事ができるのです。

-ヘレン ケラー

平凡な日々の中では、私たちはあまり勇気についての重大さに注意を払いません。勇気とは兵士や消防士や革命家に必要なもので、私たち一般人には安定が一番必要なものだと思われているみたいです。多分、あなたは生まれてから無謀なことはするなとか、リスクは避けて生きなさいなどと言われてきたのかも知れません。それは危険すぎるから。必要のない、余計な事はしないように。みんなの注意を引くような事はやめなさい。親の言う事を聞きなさい。知らない人に話しかけられても無視しなさい。変な人には気をつけなさい。安全第一。

しかし、自分を守りすぎると、あなたは外からのリアクションでしか生きていけなくなります。自分で目標を決め、計画を立てて、それを達成するまでは失敗しても喰らい付いてでもあきらめない、、、なんて事はできなくなり、あなたは安定を求めて生きていく事になります。安定した同じ仕事をずっーと続ける、その仕事があなたに充実感を一切与えなくても。安定した人生のため、満たされない関係をそのまま続ける、もうあなたが彼女を愛していなくても。この充実しない人生を平凡な毎日を誰かぶち壊してくれないかな。何かいい事起きないかな、、なんて思ってる。それではダメなんです。あなたは本当の自分を受け止めて、ベストを尽くすべきなんです。心のままに動いて、革命を起こすんです。あなたに残された希望は、今、行動する事で未来の人生を変える事ができると言う事だけなのですから。

たしかに人生には避けなければいけない本当の危険もあります。しかし、無謀に生きる事と勇気を持って生きる事とは全然違います。私が話している勇気とは自分の命を投げ出し、燃え盛るビルの中に飛び込んでいって子供を助けるヒーロー的な勇気の話をしているのではありません。私が話しているのは、乗り越えれば違った未来が待っているのに想像の恐怖によって行動できない、その自分自身で作り出した恐怖を打ち破る勇気について話しているのです。失敗する恐怖。拒絶される恐怖。破産する恐怖。一人ぼっちになる恐怖。恥をかく恐怖。人前でしゃべる恐怖。家族や友達から仲間外れにされる恐怖。肉体的辛苦への恐怖。後悔することへの恐怖。成功することへの恐怖。

どれくらいの恐怖があなたの心の奥に眠る本当になりたい自分を押さえつけているのでしょうか?もしあなたが何に対しても恐怖を持たなかったとしたら、どう生きますか? 恐怖を持たないといっても常識的に考えて危ない事はしない程度の良識はもちろん持っています。それで、もしあなたが何に対しても怖いと思わなかったら、あなたはもっとリスクをとって生きますか? 特にもし失敗したとしてもそこまでひどい事は起こらないとわかっていれば? もっと人前で発言しますか? 初対面の人にも話しかけられますか? 知らない人に商品を売り込むことができますか?ずっーとやりたかった夢の事業を思い切って始められますか? もしもあなたが恐怖を抱いて挑戦しなかった事が本当は楽しいことだとわかったら? そうなればあなたの人生はどんなに変わる事でしょう。

自分には特に怖いものはないと思っている人でも、やりたくてもやらない事はあります。それにはいつだって正しくて理論的な理由があるからです。知らない人に馴れ馴れしく話しかけるのはとても失礼だし。話すこともないのに、聴衆の前に立ってスピーチをしようとするのはおかしいし。来年まで待たなければいけないとわかっているのに、給料を上げてくれというのは間違っているし。これらは経験から正しくないとわかっていてやらないだけで、勇気がないとのは別です。もしもあなたが勇気と自信を持って恐怖を払いのけ、それらを始めれば自分の人生が変わるという事を想像して欲しいのです。

Tags: , , , ,

Comments are closed.

 

May 2017
M T W T F S S
« Dec    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

MUSIC

Paper

Production Company

アメリカ株