真剣になる

真剣になる

May 11, 2010
By admin

私がコンピューターゲーム開発者として働いていた時、トレーディングカンパニーと関わりを持っていました。私は何年かの間、その会社のバイス・プレジデントをしていました。 その会社に関わっていたおかげで、私はたくさんのフリーランスのソフトウェア開発者を知ることができました。そして、何年か過ごす内に、私は幾人かの開発者が劇的に変化するのを見てきました。 その変化とはこういうものです。 たとえば、ジョンという青年がいました。彼は会社の仕事と自分の趣味でソフトウェアの開発をしていました。彼はその二つを何年もやっていました。彼はソフトウェアの開発で一年に10-20000ドルくらい稼いでいました。そして、彼は会社の仕事で一年に60000ドルくらい稼いでいました。彼はこの現状に満足していました。 そして、2、3年が過ぎ、彼はもう会社勤めをしていません。彼はこの年、250000ドルを自分のソフトウェアビジネスで儲けました。 とても大きな変化だと思いませんか? 一体何が起きたのでしょう? 何が起きたのか、ジョンは目覚めたのです。 彼は真剣になると決意したのです。彼はもう何年も自分は今の自分よりも何倍もレベルの高い仕事ができるはずだと思っていました。そして、彼は流される受け身の日々から抜け出そうと決めたのでした。彼は上のレベルに上がるために、自分の背中を自分で押さなければいけないと思いました。そして、それを特に自分が尊敬を抱いているビジネスの世界でやりたいと思いました。 ジョンは頭のいい青年でした。彼は自分がどうするべきかのアイディアをたくさん持っていました。しかし、それらに取りかかる事をしてこなかったのです。彼は自分が好きなソフトウェア開発を趣味として、時間が空いてある時にしかしていませんでした。そして、簡単な会社勤めと自分の趣味を楽しんで過ごしていた日々に満足しきっていたのです。 しかし、ジョンは心の奥底で人生に満足してはいなかった。彼はもし自分が自分の好きな事だけに全身全霊を込めて打ち込めばどんな結果が出せるだろうといつも夢想していた。彼はとても頭がよかったので、どうすれば要領よく生きていけるのかわかっていたのだ。全力を尽くす事は 彼にとって 別にプライオリティでもなんでもなかったのだ。 ジョンの変化をわかりやすく説明すると彼は子供から本物の大人になったと言える。彼は妥協する事に満足するのをやめたのだ。彼は今の自分を超えるためにがんばる時がきたのだと決めたのだった。もし、その決断をしなかったなら、彼は死ぬまでもし自分が全力を出していたらと後悔した事だろう。墓場に入るまで。 この目覚めの後、ジョンはもっと真剣にビジネスについて取り組むようになりました。彼の自分の好きな事をもう趣味としてではなく真剣なビジネスとして取り組むようになりました。ひとつずつ、彼が彼の心に引っかかっていたやりたい事、やらなければいけない事に挑戦していきました。彼は机に向かい、全てのアイディアをPCに打ち込みました。そして、それらを自分のプライオリティにしたのでした。 彼は自分の好きな事で収入を得る事を新しいゴールにしました。彼はそれらのゴールにたどり着くために行動計画を立てました。そして、一生懸命取り組みました、賢い方法で。 彼は自分の生産性に不満を抱いていました。彼が作り出していたものは価値のあるものではありませんでした。彼は会社に座って、時間を過ごすよりも何かを作り出す事を仕事にすると決めました。彼は結果を出すために勉強にも取り組みました。 ジョンはソフトウェア製品を消費者好みに作り直しました。彼はマーケティングを勉強して、営業のテクニックもつけました。彼は数字にも強くなりました。彼は他の開発者ともネットワークを作り、彼らからたくさん学びました。そして、彼は学んだ事から行動を起こしました。 彼は趣味だったソフトウェア開発をちゃんとしたビジネスにしました。彼はもうビジネスマンになりました。彼は自分の趣味を真剣な企業として、まわし始めたのです。 彼は営業を上げる事でたくさんの尊敬を得ました。彼は誰も見向きもしないソフトウェアの開発に嫌気がさしたのです。彼は人々が求めているソフトウェア製品の開発に力を入れたのです。自分が楽しむためではなく、人々のために、セールスを上げるために開発をしました。 ジョンは独りよがりの趣味を、ビジネスに変換したのです。 私はたくさんの開発者がジョンのように変化したのを見てきました。ジョンは特別ではありません。彼は一つの例なのです。 私は会社の従業員からも同じような変化を見てきました。ある時期が来ると、彼らはまるで啓示を受けたように目覚め、自分の出世のため、キャリアのために真剣に取り組み始めるのです。 あなたは今、どのレベルにいますか? ベストを尽くして生きていますか?一日が終わるとき、もっと他にできる事があるんじゃないか、なんて思ってないですか?このままの毎日が20年続いたとして、あなたは自分の人生に満足できますか?昔を振り返って自分を褒めて上げる事ができますか? 真剣になるとは、人生の選択です。ある人は外からの影響で人生に真剣にならなければならないと気づかされます。しかし、それが起きない人も多々います。たくさんの人は自分自身で自分に言うのです。今こそ、自分の人生に真剣になる時だ、と。 真剣になる、というきっかけはもっとお金がほしいと思ったときかもしれませんし、もっと生産性がほしいと思ったときかもしれません、もっとインパクトがある人生を送りたいと考えたのかもしれませし、それとも、夜布団に入るときに満足して眠りたいかもしれません。 過去から逃れるために人生に真剣になる時もあります。給料が安すぎるのを不満に思って、または、今ある毎日に嫌気がさして、または、自分の汚すぎる机を目の前にして、かもしれません。 決意だけならすぐにできます。決意をすれば一瞬で変化できます。決意するまでは時間がかかるかもしれません、しかし、決意をする時は一瞬です。 そして、決意をした後はたくさんの忍耐が要求されます。自分の進路を変えるには時間がかかります。今現在の生活もマネージメントしなければいけません。たくさんの修正と、過去の問題たちを解決しなければいけません。この過程にはたくさんやる事があります。しかし、それをやる事によってしか結果は出ません。そして、過去が清算できてから、前を向いて進む事ができるのです。 上のレベルに行くには、たくさんの苦難が待ち受けています、生活費も稼がなければいけません。昔の問題を解決していくのです。借金の返済だったり、嫌な職場の問題だったり、掃除されてない部屋に太り過ぎの体、などなど。一つずつ改善していくのです。 自分に問いただすのです。もし人生を真剣に生きている人だったら、この状態をどうするだろうと。 人生を真剣に生きている人なら、問題と向き合って、ベストを尽くして、問題解決に挑みます。そうする事によってしか次のレベルにいけないからです。 たくさんの過去の間違いがあなたが真剣になる事によって解決する事ができます。借金を返す。部屋を掃除する。大切な事をやる。嫌な人との関係は清算し、太った体を健康体に戻すのです。 だめなところは直す事ができます。 食べ過ぎは子供がする事です。タバコにお酒のとり過ぎも子供がする事。無駄遣いも、締め切りを守れないのも、嫌いな仕事を続けるのも、妥協して満足するのも、部屋や仕事場を汚いままにするのも大人になりきれてない子供がする事なのです。 大人になりたくないと思う人もいます。大人はつまらない。子供の心を失いたくない。 しかし、ちゃんとした大人の考えで生活する方が長い目で見ると、楽で楽しい人生を歩めるのです。健康の方が不健康よりずっと楽しく人生を送れます。節約して生活する方が無駄使いして借金を背負うより楽しく生きられます。一生懸命働いて、仕事に満足して眠る方が、だらだらと怠けて一日を過ごすより楽しい人生を送れます。きれいな部屋で過ごす方が、ゴミ屋敷で過ごすより楽しく過ごせます。目標をたて、前を向いて生きる方が、計画もなく、不安に過ごすより楽しい人生が送れます。 大人になって、生きていく方が子供のまま生きるよりも人生は楽なのです。 たくさんの人が大人になる事を恐れます。しかし、本当は逆こそ恐れなければいけません。大人になるというのは子供の心を失うという事ではありません。大人になるとは、賢く、強く、世の中に存在するという事です。 あなたが大人になれば、今まであった下らない問題がなくなります。あなたはそれらの問題に振り回されないぐらい強くなります。太り過ぎや、変なダイエットなんて問題はなくなります。そして、そういうくだらない問題に振り回されなくなると、もっと大切な事に挑戦できるようになります。 あなたがまだくだらない問題に振り回されているとしたら、あなたはまだ大人として生きていないのです。あなたはもう大人になる準備はできています。太り過ぎ、お金がない、部屋が汚い、こんな問題は自分にとってはたいした事ではない、私はこんな事に振り回されるような子供ではない。あなたはもっと賢いはずです。 あなたは賢いですか? 真剣になる準備はできていますか? それは、あなたが決めるのです。
Read more »

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,
Posted in 真剣になる | Comments Off

 

June 2017
M T W T F S S
« Dec    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

MUSIC

Paper

Production Company

アメリカ株